数秘術で「マスターナンバー33」と鑑定されました。

私は今年、自分の「数秘術」のナンバーを初めて知りました。過去に一度調べたときは「6」という数字が出ましたが、勘違いだったのです。なんと、「33」が正しいナンバーだと判明しました。ゾロ目の場合、マスターナンバーという「宇宙人」属性になることも分かりました。

≪本記事にはプロモーションが含まれます≫

 ライフパスナンバー(誕生数)が33

 数秘術とは?計算方法も紹介

大ざっぱにいうと、自分の「誕生日や姓名から導き出された数字」を元にした占いです。

まず、自分の生年月日を表す数字 を、西暦&月日で書き出します。例えば、2022年2月22日なら「20220222」という並びが出て来ます。次に、全ての数字を1桁ずつに分け、足していきます。

2+0+2+2+0+2+2+2= 12

生年月日を合計した数が出たら、それをまた1桁に分けてまた足します。

1+2= 3

ここで最後に出た数字があなたのライフパスナンバーになり、これをもとに占いが行われます。基本的に最後に表れる数字は「1桁になる」ことが前提になっています。


 ゾロ目(マスターナンバー)は足さなくても良い

ゾロ目は少し珍しいナンバーなのだそうです

ところが、例外もあります。初めに生年月日を足した際に「22」や「33」などのゾロ目が出た場合は、それがそのままライフパスナンバーとして適用されます。そして、これらゾロ目のナンバーはマスターナンバーと呼ばれる特殊なものなのだそうです。

過去の私は、「33」という数字が出たあと「3+3」と数字を足してしまったため、「6」という結果になりました。そして、それを自分のナンバーだと思い込んだのです。

当時、「6」という数字の人物像や傾向などを読んだはずですが、不思議と印象に残らず、さほど数秘術にも興味が湧きませんでした。

おそらく、本来の数字ではなかったこともあり、特段、感じるものがなかったのかもしれません。その後は、自分のナンバーについて考えることもなく8年が経過しました。

≪参考≫ zired 「数秘術 運命数【33】- 生き方・男女の性格・相性

宇宙に散らばる自分の星座は忘れない

例えば、自分の「星座」や「十二支」や「血液型」、果ては九星気学の「本命星」などは身近に情報があるため忘れることはないです。しかしながら、数秘術の場合、触れる機会がほぼなかったため、自分のナンバーすら忘れてしまったのです。

長い時を経た今年、数秘術の鑑定イベントに出かけることになったので、久しぶりに自分で計算してみて「6」と出ました。

しかしながら、会場に行って初めてゾロ目は足さなくてよいことを知り驚愕したという流れになります。


 なぜ、宇宙人なのか?

青い宇宙の星空をバックにしたパリのルーブル美術館のピラミッド写真のグラフィックアート。33という数字とMasterTeacher(マスターティーチャー)という文字のキャプションがある。

英語圏で「数秘33」はマスターティーチャーとも呼ばれている

マスターナンバーというものが、私の知らぬ間にブームになっていました。その中でも「33」に対するネット上での盛り上がり方が物凄いレベルに達しています。

「33」の性格を要約すると「型破り」「普通とは異なる」「独自の感性」などが特徴のようです。ちなみに私は水瓶座でB型なのですが、それらの特徴とも近い印象を受けました。

それを数秘術的に評価すると、宇宙人大変人という独特の表現につながるのではと解釈しました。

なぜ宇宙人と呼ばれるのかを一言でいうと「人類への貢献という使命」を持っていることが読み取れます。

海外の記事を読むことで、よりそれを感じられるかもしれません。

LOVE to KNOW によると、マスターナンバー「33」はもっとも強い影響力を持つと信じられ、同じくマスターナンバー「11」、「22」と共に創る啓蒙のピラミッドの頂点に属しています。

この深遠なるエネルギーのピラミッドは、「11」が描き、「22」が形作り、「33」によって世界へと分け与えられる創造の3プロセスにより成り立つものです。

「33」はマスターティーチャーと呼ばれ、「11」と「22」の潜在能力をアナザーレベルへと引き上げ、開花させます。「33」は人類の向上にフォーカスを当て、自らが得た叡智をシェアします。

 デスティニーナンバー(姓名数)も33

「33」が2連続で出現しました

 名前でも数秘を計算できる

生年月日とは別に、姓名でも自分のナンバーを調べることが可能で、デスティニーナンバーといいます。

フルネームを英語で書き、各アルファベットに対応する数字を割り出し、同じように数字を足していきます。

≪参考≫「プリズム数秘研究所」 名前から数字を出す計算方法(ピュタゴリアン・システム)

すると、その数字が再びマスターナンバーだったのです。

実は、今回の鑑定を担当された方はアーティストでもある高名な方で、共通の知り合いはいるものの、直接お目にかかるのは初めてでした。

よって、生年月日は面会時に初めて伝えたにも関わらず、なぜか、その方は私がマスターナンバーであることを事前にご存じだったのです。

あとから考えると氏名は事前に知らせてあった気がするので不思議ではありませんでした。と思いつつ、あれは予言だったのではないかとも思います。


「数秘用語」は日本語訳がバラバラ?

ところで、数秘術のリサーチをしていると、数秘関連の日本語が少し変わっていることに気付きました。

いわゆる「表記ゆれ」がけっこう発生しています。

例えば、ライフパスナンバー(Lifepath number) は媒体によって「誕生数」だったり「運命数」になったりと、日本語訳が異なるのです。

なぜこうなるのかというと、数秘術には多くの流派が存在するため、用語が統一されていません。よって、同じナンバーのことを言っているのに別の名称がついていることがよくあります。

例えばデスティニーナンバー (Destiny number)も、普通に翻訳したら「運命数」になりそうですが、ライフパスナンバーの方を「運命数」と表記するのが主流のようです。

本記事では、Lifepath number =「誕生数」、Destiny number =「姓名数」という表記を採用しました。

また、ライフパスを「Lifepass/過ぎ行く人生」とする例もあるようですが、海外サイトだと皆「Lifepath/人生の道筋」という表記でしたので、後者を選びました。

もし分かりにくい場合は、まずは、LP (ライフパス)、D (デスティニー)というふうに英文字で記号的に覚えるとのも1つの手です。

なぜなら統一性が出て数秘術という概念の全体像がつかみやすいからです。また、ネット上では自分の数秘ナンバーを紹介するときに英文字で一覧表記している人も多いです。

≪参考≫「マンガ数秘らぼ」 数秘(脳内住人たち)を手動で計算する方法

いくつかの英文字の意味が把握できたのちに、だんだんどの英文字がどの漢字に対応しているのかが分かるようになってくると思います。


 マスターナンバー「採用する・しない」が分かれる

数秘術の種類により、マスターナンバーを採用しない場合もあります。大ざっぱにいうと、数秘術の業界では、ピタゴラス式カバラ式の2つの有名な方式が存在します。

そして、ゾロ目を特別な物として扱う傾向があるのがカバラ式数秘術の方だったのです。

そもそも最初に数秘術を知った時に、なぜマスターナンバーの話が出なかったのだろうか?という点を不思議に感じました。実は、前回自分のナンバーを知った場所は、別の数秘術イベントの会場でした。

その時のイベントは数秘術のワークショップ形式の催しで、マスターナンバーを知った今回は、別の数秘術師による個人鑑定という点が大きな違いです。

よって、前回は大勢の前でのレクチャーだったため、マスターナンバーを省略したのでは?と考えました。

しかしながら、マスターナンバーというものが (私は知りませんでしたが) これほど有名というか、ブームのようになっているのに、省略する不自然さが否めないとも思いました。

そこで、当時のワークショップを主催した講師の詳細を確認してみると、マスターナンバーを採用しない方針の数秘術のイベントだったことが分かったのです。

同様に、数多く存在する〇〇式数秘術の中にはマスターナンバーを取り扱わない流派があることも分かりました。

当然ながら私はマスターナンバー採用派です。マスターナンバーの存在がなければ自分のナンバーに興味を持たず、本記事の誕生もなかったと思うからです。

また、最終的に数字を足したら「6」だったとしても、そのプロセスで「33」というゾロ目を経た「6」と通常の「6」は全く同じである…と決めてしまう方に違和感を感じます。

そもそも数字で属性の違いを分けているのに、そこから更に細かな違いやパターンは一切認めないというのも自分の性格に合わないとも思いました。

 バースデイタロットは「正義/ジャスティス」が該当

「正義」は均衡と公正を表すカード

 タロットカード&星座にも「ゾロ目」が連続出現!

自分のライフパスナンバーを、22枚のタロットカードに割り当てる「バースデイタロット」というものも存在します。この占いでもマスターナンバーが反映されるようになっていました。

≪参考≫ タロットアドバイザーりえ様のブログ 「バースデイタロット占い」

使うカードは大アルカナである22枚のみなので、ライフパスナンバーが「22」を超えた場合、そのナンバーから「22」を引くことで算出できます。

よって、「33」の場合、33-22=11なので、11番目のタロットカードである「正義/Justice」(ジャスティス)のカードが出て来ました。

≪参考≫誕生日で知るあなたの運命「バースデイタロット」

私は水瓶座なので、水瓶座に対応している「星/The Star」のカードに親近感を持っていたのですが、強いて解釈すれば、「正義」のカードにも仲間意識のような感覚が芽生えました。

なぜなら「正義」のカードでは、椅子に座る人物が「剣/Sword」を掲げているからです。「剣」は、風のエレメントに属するスート (マークによる分類)であり、風の時代とよばれるものともリンクしています。

そして、水瓶座は風のエレメントに分類されます。つまり、「正義」のカードにも水瓶座との関連性があるといえます。

更になる衝撃として、水瓶座は12星座の11番目の星座であることが分かったのです。2月生まれだから、上から2番目だと思っていたのですが、星座的な順序では最後から2番目でした。

≪参考≫星の占い師NINA様のブログ 12星座とは?星座の順番の意味について

つまり、タロットカードと12星座それぞれで唯一のゾロ目である「11」の番号が自分の属性と一致していたのです。

強引かもしれませんが、マスターナンバーとの縁を尊重し、より自らの使命について考えていきたいと思う出来事でした。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

KASHU

KASHU

横浜のイラストレーター。パズル誌のまちがい探し、県立公園のマスコット、ふわふわ生物LINEスタンプ、日本初の「役職NFT」等で活躍。コーヒー好き。

TOP